FC2ブログ
2006・06
<< 05 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ 07 >>
2006/06/13 (Tue) 新マシーン「WAVE」!
なかなかスポーツクラブに行く時間が取れなくて、
今日は息子が1Fで空手を習っている間に、2Fのジムで汗を流してきました。
限定1時間!!

でも1時間あれば、けっこういろいろできるんです。

まず新マシーン「WAVE」!!

今日で3回目。
どんなマシーンかというと、普通は縦方向にステップをふむのですが、
このマシーンでは横方向なんです。
横に踏み込み もどる 踏み込む もどる の繰り返しです。
この運動で、ヒップと太ももの表裏の筋肉が鍛えられるそうです

でも、これがやってみると、相当キツイ!!
15分1セットのようですが、5分で汗びっしょり、息があがってきてしまい休憩。
5分後ごとに1分休憩しながら3セットやりました。
結果、足がくがくです~~
よほど普段使っていないんでしょうね。
これは絶対にキク!!がんばって続けようと思います。

その後、温まった体で筋トレをやり、ストレッチをしっかりやって1時間。
あっという間だったけれど、充実したトレーニングができました
これから時間のないときは「WAVE」でいこう

ランキングに参加中。よかったら1クリックお願いします。FC2 Blog Ranking 人気blogランキングへ
スポンサーサイト




2006/06/13 (Tue) 撓田村事件 小川勝己
撓田村事件―iの遠近法的倒錯
撓田村事件―iの遠近法的倒錯小川 勝己

新潮社 2002-10
売り上げランキング : 378529

おすすめ平均 star
starノワール作家の紡ぎ出したレトロな味わいの本格ミステリ!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


本格派ミステリと雑誌で取り上げられていたので、読んでみたいと思っていました。

村という全員顔見知りの閉ざされた空間で起こる連続殺人事件。
この独特の雰囲気に、小野不由美の「死鬼」を思い出しました。

複雑にはられてる伏線と、次々に明かされる真実。
直前まで犯人がわかりませんでした。
よく考えられていて、長編ながらきちんとまとまっていると思います。


ただ…
個人的にはあまり面白くなかったです。



↓この先ネタバレ

2006/06/13 (Tue) イッツ・オンリー・トーク 絲山秋子
イッツ・オンリー・トーク
イッツ・オンリー・トーク絲山 秋子

おすすめ平均
starsここにあるのは、闇じゃ、ない。
starsノスタルジック?!
starsカマタ!
starsとにかく好き!
starsあざといけれど淡白

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


絲山秋子さん、「沖で待つ」で芥川賞作家になり、
「袋小路の男」も絶賛されていたので、注目していたんです。

この本は2作の短編からできていて、
1作目は躁鬱病の女性、
2作目は馬術大会のジャンプで失敗し、馬を死なせてしまったという
心に傷をもった女性が主人公
となっています。

どちらもけっこう深刻。
でも、主人公はドライだからかな?あまり暗いじめじめした話にならないから不思議。
ラストはどちらも再生を匂わせる、暖かい終わり方です。

読みやすかった。
2作目は、会話で話が進んでいく感じで好きでした。
ただあまりにあっさりすぎて、長くは印象に残らないかも。。。

よって評価は★★★と半分

ランキングに参加中。よかったら1クリックお願いします。FC2 Blog Ranking 人気blogランキングへ





カウンター

来てくださってありがとうございます♪

プロフィール

sara

Author:sara
4月3日をもちまして、
このブログは終了させて
いただきました。

今まで読んでくださって
本当にありがとうございました。

しばらくぶりに訪れて
くださる方もいらっしゃるかも
しれませんので、
しばらくはこのままに
しておきたいと思います。

…これ、保存って
できるのかなぁ?
調べてみよう。


*1971年4月生まれ 牡羊座 B型
家族は夫と 娘(中学2年)息子(小6)の4人家族。

*趣味は読書と手芸。

*SINCE 2006.2.16
 ♪気軽にコメントいただけたら嬉しいです♪

<お知らせ>
記事に関係ないコメントの場合、
削除させていただく場合があります。
ご了承ください。
 

参加しています。

FC2ブログランキング

最近の記事

カテゴリー

CalendArchive

リンク

いつもお邪魔しています♪

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード