2017・06
<< 05 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ 07 >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/08/11 (Fri) 8月の絵本「原爆の少女ちどり」
今年の8月にはぜひ戦争の絵本を読みたいと思っていました。
図書館へ行ってみたら、有名な本は借りられてしまっていたので、
知らない絵本から選んでみました。

「原爆の少女ちどり」 作・絵山下まさと 汐文社
(検索しても画像が見つからないので、文字だけの紹介ですみません。)

なぜこの絵本を選んだかというと、原爆が落ちたときの状況が、絵と簡潔な文で鮮烈に伝わってきたからです。

特に子どもたちが反応したのは
『六〇〇〇度という熱線と爆風に 体はちぎれ焼かれました』という1文でした。

「六〇〇〇度ってどれぐらい?」
「うーーん…お茶を入れるときは100度ぐらい、オーブンでケーキやピザを焼くときは200度ぐらいだから…想像できないぐらい熱いと思う。」
黙り込むこどもたち。

絵もすごく胸に迫るものがありました。
作者の山下さんは被爆した弟を探して、地獄のような広島の姿をこの目で見たそうです。
だからこそ、こんなにも私たちに訴えてくるのでしょう。

最期が鳩に導かれて天にのぼっていくところで終わるので、そこだけがきれいにまとめすぎていてうなずけなかったけれども、1人1人感じるものがあったようなので、この本を選んでよかったと思いました。

この本を読んだ後、原爆のおそろしさはそれだけではなく、今もずっと続いているのだということを、黒い雨の話と交えて話しました。
どこまで通じているかはわからないけれども、「戦争の悲惨さと、戦争は二度とくり返してはならない」ということは、これからも伝えていきたいと思っています。

ランキングに参加中。よかったら1クリックお願いします。FC2 Blog Ranking 人気blogランキングへ



スポンサーサイト

comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://saralife.blog52.fc2.com/tb.php/122-029cfa48

カウンター

来てくださってありがとうございます♪

プロフィール

sara

Author:sara
4月3日をもちまして、
このブログは終了させて
いただきました。

今まで読んでくださって
本当にありがとうございました。

しばらくぶりに訪れて
くださる方もいらっしゃるかも
しれませんので、
しばらくはこのままに
しておきたいと思います。

…これ、保存って
できるのかなぁ?
調べてみよう。


*1971年4月生まれ 牡羊座 B型
家族は夫と 娘(中学2年)息子(小6)の4人家族。

*趣味は読書と手芸。

*SINCE 2006.2.16
 ♪気軽にコメントいただけたら嬉しいです♪

<お知らせ>
記事に関係ないコメントの場合、
削除させていただく場合があります。
ご了承ください。
 

参加しています。

FC2ブログランキング

最近の記事

カテゴリー

CalendArchive

リンク

いつもお邪魔しています♪

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。