2017・05
<< 04 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ 06 >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/11/13 (Mon) 11月の絵本『14ひきのあきまつり』いわむらかずお
11月は、有名な14ひきシリーズから秋の1冊。
『14ひきのあきまつり』いわむらかずお
あきまつり


14ひきシリーズはどれも大好きなのですが、持っているのはこの1冊。

秋の絵本でいいものって、少ないんです。
紅葉の美しい絵本があればな~と思っていたら、92年にこの本が出版されて、すぐ購入しました。
表紙・裏表紙、一面のもみじ。なんてきれいなのでしょう。
本の中も秋の色でいっぱい。
秋の美しさを心から楽しめる本です。


そして、なんといっても、言葉のリズムの妙
秋の山のお祭りの様子がでてくるのですが、
「わっしょい、わっしょい、かえるがかつぐ。 
どんぐりたちがおりゃおりゃ。
ゆれる、まわる、きのこの みこし」
「あきの まつりは、きのこの まつり。
テン テテン テン、テン テテン。
せいや せいや、 おりゃ おりゃ、わっしょい。」

にぎやかなおまつりの様子が上手に表現されていますよね。
思わずこっちも踊りだしたくなってしまう。

そして、
「ヒョオー ヒョオー、とつぜんの かぜ、やまのかぜ。ドットト ドットト、かけぬける。」
すばらしい表現です。心に残るフレーズ。

最後の食卓のシーンも、暖かくて心地よい。
ぜひ11月に読んでもらいたい絵本です。



いわむらかずおさんの自然を愛する気持ち・いのちを愛する気持ちが伝わってくるこのシリーズ。
いわむらさんご自身が栃木県の雑木林の中に住居を移して、
自然そのものの姿を絵本の中に創り出しています。

子どもには本物を。
いつも私が思っていること。
本物の自然が、この絵本たちの中にあります。
描きこまれた絵は、何回読んでも、新しい発見があります。


14匹も1人1人個性があって、愛らしい。
うちの子はいつもお人形の世話をしている「くんちゃん」が大好き。
いつもどこにいるか目で追っています。

幼稚園で大勢の子どもたちに読んであげるのも楽しいけれど、
自分の子を膝に抱っこして、
ゆっくりじっくり、絵と言葉を味わいながら読むのに、
とてもいいシリーズだと思います。




ランキングに参加中。よかったら1クリックお願いします。FC2 Blog Ranking 人気blogランキングへ





スポンサーサイト

comment

どこかで、この一家は本当に生活しているような、そんな気持ちにさせてくれるシリーズだよね。
どの本も季節を感じさせてくれる絵とわずかに添えられた言葉。
私も大好き!!

ご自分が自然の中で暮らして、そこからこういう絵本を送り出しているんだね、納得。。
わたしは、ねずみの母さんに脱帽。あんなに沢山の子を育てながら何でもこなしちゃって、家は綺麗だし、文句言わないしって・・・あはは、現実的すぎよね^_^;

2006/11/13 09:22 | @みかづき [ 編集 ]

秋の紅葉って、この年になって どんどんと良さがわかるようになってきた!
夫も少しずつ同じように思ってきだしたのか、
紅葉見に、ドライブ行きたがるように・・・。
家族で読んで、秋を満喫したい一冊だねv-34
2006/11/13 09:34 | nadeshiko [ 編集 ]

>@みかづきさんへ
ほんと、どこかで暮らしていそうだねぇ。

笑顔のやさしいお母さん、私も理想。
はっ!よく考えてみれば、大家族の上に夫の両親と同居しているんだ!
やっぱり私には絶対無理ー(笑)

@みかづきさんの「やまいも」とTBさせてもらいますね~♪

>nadeshikoへ
やっぱり実際に見に行くのが一番!
独身時代、秋の京都の紅葉、忘れられません・・・
毎年こんなに美しくなるなんて、自然てすごいね。

この絵本を読むと、秋の山を散策してみたくなりますi-239
2006/11/13 22:58 | sara [ 編集 ]

わたしも、「あきまつり」が一番好きです。同じ赤でも、どうしてこんなにいろいろな色があるのだろうと、感心します。
見返しのきのこの絵も好きです。

先日、いわむらかずおさんの美術館に行ってきたばかりです。絵本の中、そのものでした。今しもそこの草むらからとっくんが顔を出すのではないかと思いました。

息子は「さむいふゆ」がお気に入りです。
2006/11/13 23:55 | なずな [ 編集 ]

私はこの「あきまつり」を読んだことがないんですよ。14匹がかわいらしく、家族のあたたかさを伝えてくれますね。
いつか益子のいわむらかずお美術館に行ってみたいとおもっています。
2006/11/14 00:53 | まつりか [ 編集 ]

>なずなさんへ
「あきまつり」私も実は一番好きなんです。
う~うれしいv-238

美術館に!?うらやましいです!!
以前銀座の松屋デパートで原画展があり、
行ったことがあります。
いわむらさんが子どもたちと自然を介して交流されている様子のビデオも上映されていて、
こういう中からあのすばらしい絵本たちが生まれてくるのだなと思いました。
美術館、いつか私も行ってみたいですi-228

>まつりかさんへ
シリーズ10冊以上出ているので、私も内容を忘れてしまったものも・・・
久しぶりに読み返してみようかな。名作がたくさんありますよね。

美術館も魅力的。14匹の世界にどっぷりはまりに行ってみたいですねi-179
2006/11/14 08:16 | sara [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://saralife.blog52.fc2.com/tb.php/187-eaf15a8d

カウンター

来てくださってありがとうございます♪

プロフィール

sara

Author:sara
4月3日をもちまして、
このブログは終了させて
いただきました。

今まで読んでくださって
本当にありがとうございました。

しばらくぶりに訪れて
くださる方もいらっしゃるかも
しれませんので、
しばらくはこのままに
しておきたいと思います。

…これ、保存って
できるのかなぁ?
調べてみよう。


*1971年4月生まれ 牡羊座 B型
家族は夫と 娘(中学2年)息子(小6)の4人家族。

*趣味は読書と手芸。

*SINCE 2006.2.16
 ♪気軽にコメントいただけたら嬉しいです♪

<お知らせ>
記事に関係ないコメントの場合、
削除させていただく場合があります。
ご了承ください。
 

参加しています。

FC2ブログランキング

最近の記事

カテゴリー

CalendArchive

リンク

いつもお邪魔しています♪

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。