2017・08
<< 07 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ 09 >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/08/31 (Sun) 『5年3組リョウタ組』石田衣良
私が旅行に持っていったのは2冊。

1冊目はこちら↓
5年3組リョウタ組
5年3組リョウタ組石田 衣良

角川書店 2008-01
売り上げランキング : 9468

おすすめ平均 star
star読んじゃったぁ〜。
star程よいリアル感、そしてさわやかな読後感
starリョータ先生、やったね!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



はじめに。
石田衣良について。


この人の本は、いつもよくできていると思う。
筆も早くて、さまざまなところから題材を探してきて、
すごく頭のいい人だと思う。

ただよくできすぎていて、どんな衝撃的な展開になっても
最後はきれいにまとめてしまうので、
途中ではらはらしても、なんとかなるんだろうと安心しながら読んでしまうのです。

だから、やっぱり、この人の書く話はあまり好きになれない。

まあ、この人の本を全部読んだわけではないので、
今まで読んで感じた感想です。



さて。
この本について。
以前新聞に連載されていたそうです。

それなりにおもしろかったです。
いまどきの小学校の雰囲気が出ていて。

でも、どちらかというと、子どもたちとの交流よりも、
教師の私生活や職員室でのごたごたが
話の中心になっていることが多かったかな。




おもしろかったのは、
同僚の染谷龍一が作者の石田衣良に重なってしょうがなかったこと。
見た目も内面も似ているような…
もしや自分がモデルか?


はじめに、石田衣良について散々なことを書きましたが、
この人の小説には、必ず印象に残る言葉というものがあります。


今回はこんな言葉でした。

教育の現場は結局のところ、知識や技術ではなく、
その教師がもつ人間力を試される場なのだ。


この言葉は私の心にクリーンヒットしました。


人間力


この言葉に出会えただけでも、この本を読んでよかったと思います。







ランキングに参加中。よかったら1クリックお願いします。FC2 Blog Ranking 人気blogランキングへ

スポンサーサイト

comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://saralife.blog52.fc2.com/tb.php/442-9fc038dd

カウンター

来てくださってありがとうございます♪

プロフィール

sara

Author:sara
4月3日をもちまして、
このブログは終了させて
いただきました。

今まで読んでくださって
本当にありがとうございました。

しばらくぶりに訪れて
くださる方もいらっしゃるかも
しれませんので、
しばらくはこのままに
しておきたいと思います。

…これ、保存って
できるのかなぁ?
調べてみよう。


*1971年4月生まれ 牡羊座 B型
家族は夫と 娘(中学2年)息子(小6)の4人家族。

*趣味は読書と手芸。

*SINCE 2006.2.16
 ♪気軽にコメントいただけたら嬉しいです♪

<お知らせ>
記事に関係ないコメントの場合、
削除させていただく場合があります。
ご了承ください。
 

参加しています。

FC2ブログランキング

最近の記事

カテゴリー

CalendArchive

リンク

いつもお邪魔しています♪

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。