2017・06
<< 05 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ 07 >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/05/24 (Wed) 「ぼんくら/日暮し」 宮部みゆき
やっと読み終えました!
「ぼんくら」と「日暮し」!!
これは対を成している本なので、間をあけずに一緒に読むことをおすすめします。
ぼんくら
ぼんくら宮部 みゆき

講談社 2000-04
売り上げランキング : 121,721

おすすめ平均 star
star宮部さんの江戸物!
starぼんくら
star最高の作品 宮部みゆき ぼんくら

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


日暮らし 下
日暮らし 下宮部 みゆき

おすすめ平均
stars優しき世界
stars真犯人と動機の究明がいまいち
starsまずは「ぼんくら」が入門書
stars上巻のおもしろさが・・・
stars後半ちょっとだれる…でも止まりません

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


やっぱり宮部さんはすごい!
読み終わってみると、宮部さんの手の中をころころ転がされていたような…
伏線も最後にピタピタピタッとはまって、すべてがあるべき姿にもどるという、かなり完成された作品です。

「ぼんくら」は、これはこれで1つの物語として充分に楽しめるのですが、
続編の「日暮し」で、前作に語られなかった部分がより深く掘り下げられていくので、
やっぱり一緒に読んだ方がおもしろいと思います。


↓この先、ネタバレあり
いろいろな方が、「弓之助」最高!!という感想を書かれていますが、
やっぱり私は主人公の「平四郎」がよかった。
本当のやさしさを持っている人だと思ったから…だからこそあれだけ周りに人が集まるのでしょう。

もちろん弓之助の賢さ・みずみずしさは魅力的だったし、おでことのコンビもよかったです。

あと、「日暮し」で生きている葵さんが見られてよかった。
想像以上に魅力的な人で心情も理解できたので、救われた気がします。
「ぼんくら」の最後の登場だけではつかみどころがなかったので。

私はどちらかというと「ぼんくら」の方が好きでした。
「日暮し」は最後の捕り物が弓之助中心になっていて、平四郎の立場がなくちょっと不満。
弓之助は聡い子ではあるけれど、人生の酸いも甘いも知っている平四郎の方が1枚も2枚も上手であって欲しいと思うのです。


結局、弓之助が養子に来るところまで話は進まなかったですね。
もしかしたら、シリーズ物になるのかも?
2冊でこの話は完成しているけれど、また新たな話をこの登場人物で読んでみたいなぁ。


ランキングに参加中。よかったら1クリックお願いします。FC2 Blog Ranking 人気blogランキングへ
スポンサーサイト

comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://saralife.blog52.fc2.com/tb.php/69-e26e3008

カウンター

来てくださってありがとうございます♪

プロフィール

sara

Author:sara
4月3日をもちまして、
このブログは終了させて
いただきました。

今まで読んでくださって
本当にありがとうございました。

しばらくぶりに訪れて
くださる方もいらっしゃるかも
しれませんので、
しばらくはこのままに
しておきたいと思います。

…これ、保存って
できるのかなぁ?
調べてみよう。


*1971年4月生まれ 牡羊座 B型
家族は夫と 娘(中学2年)息子(小6)の4人家族。

*趣味は読書と手芸。

*SINCE 2006.2.16
 ♪気軽にコメントいただけたら嬉しいです♪

<お知らせ>
記事に関係ないコメントの場合、
削除させていただく場合があります。
ご了承ください。
 

参加しています。

FC2ブログランキング

最近の記事

カテゴリー

CalendArchive

リンク

いつもお邪魔しています♪

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。